ライフプランは状況の把握から開始することが

専門家を活用することについて

ライフプランを立てるには専門家を活用する必要があります。ライフプランを立てる時には、税金の仕組みや保険についての知識が必要になってきます。ライフプランを立てる時に頼りになる専門家がファイナンシャルプランナーとなります。ファイナンシャルプランナーは、金融に関する総合的なアドバイスを行う専門家となります。ライフプランについて考える時は、キャッシュフローや必要なコストの変化などのお金に関することを総合的に考える必要もあります。

どのような選択を行うかについて

日々の生活はリスクがあり、資産運用にもリスクがあります。リスクに備える手段として保険があります。どのような保険に入ったらよいかの判断はとても難しいものがあります。保険を選択する時は、確率に基づいてその選択をする必要もあります。確率には不確実性がありますので、そういったことは考慮する必要があります。保険について考えることで、ライフプランの見直しの機会を得ることもあります。日々の生活のリスクの変化によって保険は見直す必要もあります。

コストの把握をすること

ファイナンシャルプランナーに相談する時は、これから必要なコストについて上手く説明する必要があります。子どもがいる場合は、教育費や習いごとにかけるお金が必要になります。転居する必要がある場合は、転居のコストがかかります。どのような生活を送るかで、必要なコストは大きく変わってきます。ライフプランは、必要なコストが変化した時は練り直す必要もあります。ライフプランを立てる時に専門家に相談することで、税金や保険面からライフプランを考えることができます。

cfpは審査試験に合格をして研修を受講した後に、実務経験を積むと資格の認定を受けることが可能になっています。